fxの始め方 簡単3stepで解説 【始めたらすぐに実践すべきことまとめました】

fxの始め方 簡単3stepで解説 【始めたらすぐに実践すべきことまとめました】FX 初心者

 

fxに興味はあるけど、始め方が分からない。fxはスマホでもできる?本当にfxで安全に稼ぐことはできるか心配。

 

こういった疑問に答えます。

 

  本記事の内容

  • fxの始め方 3stepで解説【簡単です】
  • fxはスマホでも始めることはできるのか。
  • 【初心者必見】fxを始めた時に実践すべきポイント5選

 

初心者でもできる!fxの始め方3stepで解説【簡単】

初心者でもできる!fxの始め方3stepで解説【簡単】

1. fxの口座を解説する
2. トレード画面の設定【入金と通貨ペアの設定】
3. トレード開始

スマホやPC操作に慣れている人なら15分もかからないです。

順番に解説していきます。

fxの口座を解説する STEP1

 

fxの口座を開設できる会社は数多くありますが、大手や有名どころを選びましょう。

マイナーな会社はいろいろな問題が発生しやすいので避けてください。

無難なところは、DMM FXです。このブログでもDMM FXを使用しています。

取引コストが安く、操作もしやすいので初心者の方でも取引しやすいです。

こだわりのない方は、DMM FXで口座開設しましょう。

 DMM FX

トレードの準備 取引通貨の選定と取引画面の設定 STEP2

 

  • 入金する
  • 通貨ペアを決める
  • 取引画面の設定と使い方の解説

 

   口座開設ができたら早速入金していきます

初心者は取引できる最小ロット分だけを入金するようにしましょう。

ロットは取引に慣れたあとに少しずつ上げていくといいでしょう。

まだ稼げていないのに、ロットを上げることは失うお金を増やしていることと同じです。

 

   取引する通貨ペアを決める

fxでは取引できる通貨の種類がたくさんありますが、fx を始めた頃はドル円の通貨ペアがおすすめです。

メジャー通貨(取引量の多い通貨)であるドルと円は相場が安定しやすく、値動きの特徴もつかみやすい
傾向にあります。

正直、通貨ペアには得意不得意があるので、慣れてきたら少額から色々な通貨ペアを試してみるのもいいですね。

 

通貨ペアに関しての詳しい情報は、【FX】種類ごとに通貨ペアの特徴を理解して、自分のトレードスタイルに合った通貨ペアを選びましょう。で解説しています。

通貨ペア選びはfxにおいてとても重要です。

「通貨ペアの種類がたくさんあってどれにしたら良いか分からない」という方はぜひご覧ください。

 

【FX】種類ごとに通貨ペアの特徴を理解して、自分のトレードスタイルに合った通貨ペアを選びましょう。
fxを始めたいけどどの通貨ペアにしようか迷っている。 初心者におすすめの通貨ペアを知りたい。 稼ぎやすい通貨ペアってあるの? 上記のどれかひとつでも当てはまったら、通貨ペアの見直しを検討しましょう。 この記事では通貨ペアごとの特徴や初心者におすすめの通貨ペア、たくさん稼ぎたい人の向けを通貨ペアを解説しています。

 

   取引画面の設定と使い方

DMM FX を始めて開くとこのような画面になっていると思います。

ぼくは既に口座を解説しているので画像がデモ口座のものですが、手順は一緒です。

プライスパネルやポジション照会などは必要ないのでパネル右上のバツボタンで削除します。

 

左上のメニューから新規注文を選択して、注文パネルをもう一つ表示させて注文タイプから*IFO注文を選択します。

 

取引画面設定装飾

 

僕はチャート画面をなるべく大きく表示して、右に*ストリーミング注文とIFO注文の2つの注文パネルをおいています。

 

取引画面設定後

 

*ストリーミング注文とは 成行注文とも言い、チャートの値動きを見ながら、手動で注文すること。
*IFO注文とは、事前にエントリーポイントと利確、損切りラインを設定し、チャートがエントリーポイントに来た時に、自動でそれぞれ3つを注文すること。

 

最後に注文パネルの右上にある歯車マークをクリックして、注文設定を下記のように設定しましょう。

これは注文した際に同時に利確位置と損切り位置を設定してくれる機能です(利確と損切り位置を自分で設定している注文の場合はそちらが優先される。)

僕は利確、損切りともに10pipsに設定しています。

 

注文したあとに、この利確ラインと損切りラインは手動で好きな位置に変更できるので安心してくださいね。

 

スリッページとは、注文ボタンを押したときの価格と、実際に約定(注文が成立)したときの価格にズレが生じる現象のこと。

スリッページによる損失を抑えるために、値はなるべく低くしておきましょう。

目安は0から3pipsほどがいいです。

スリッページの値が低すぎると注文が約定しにくいので、僕は値を2pipsにしています。

取引画面設定装飾2

 

同じくその他の設定で表示設定のチェックマークをすべて外しておきます。

これは、注文する際に確認の画面が出てくるものですが、毎回出てくるので煩わしいという方は消しておきましょう。

僕は注文が約定(成立)したときに音だけ出るようにしています。

取引画面設定装飾3

トレード開始です。 STEP3

 

あとは取引を開始するだけです。

初めはどこでエントリーすればいいのか、利確、損切りはどこでするべきか悩むと思います。

ですが、初めから完璧なトレードを目指す必要はありません。

負けて勝ってを繰り返しながら、合計でお金を増やしていくのがFXです。

このブログでfxの知恵をつけて、ぜひ実践で生かしてくださいね。

 

損切りに関しては、【悲報】fxに損切りしないで勝つ手法はありません。「損切りなしで勝つ」という考えは今すぐ捨てましょう。で解説しています。

 

【悲報】fxに損切りしないで勝つ手法はありません。「損切りなしで勝つ」という考えは今すぐ捨てましょう。
損切りが出来ない。 含み損が戻ることを期待するも、結局そのまま逆方向に進みロスカット。 「もしかして損切りしなければ勝てる?」と考え出す。 こういった経験ありませんか。 この記事では「なぜ損切りをしなければならないのか。」を解説しています。 この記事を読んで正しい損切りを学び、「コツコツドカン」は卒業しましょう。

 

fxはスマホでも始めることはできるのか。【スマホでもできるがPCをおすすめ】

スマホかPCどっちがいい

結論から言ってしまうと、FXはスマホでも始めることはできます。

ですが、初心者のうちはPCでの取引をおすすめします。

理由は以下のとおりです。

 

  1. PCの画面のほうが大きくて見やすい。
  2. 操作性が優れている。
  3. チャート分析がストレスなくできる

 

PCの画面のほうが大きくて見やすい メリット1

 

まずPCの画面の方が大きいのでたくさんの情報を、取り入れられます。

チャートを表示する際にも、大きく表示することでより多くのローソク足を表示することができるので、チャートの分析もよりしやすいです。

 

操作性が優れている メリット2

 

操作もPCのほうが簡単でやりやすいです。

*テクニカル分析でチャートに一つ線を引くにしても、PCのほうが簡単により細かく引くことができます。

*テクニカル分析とは過去の値動きを分析して、未来の値動きの予測を立てる方法。

 

抑えておきたいテクニカル分析

 

チャート分析がストレスなくできる メリット3

 

画面が大きいと*マルチタイムフレーム分析もしやすいので、短期的な値動きに惑わされにくくなります。

*マルチタイムフレーム分析とは複数の時間軸のチャートを分析して、相場状況を把握する方法です。

マルチタイムフレーム分析を使えば異なる時間軸での、トレンドの状況を把握することができ、上位足のトレンドの方向に沿ってエントリーが出来るので期待値が高く、優位性のあるトレードを行うことができます。

 

マルチタイムフレーム分析に関しては、【FX】マルチタイムフレーム分析とは?「環境認識には必須です。」でも解説しているので、ぜひご覧ください。

 

【FX】マルチタイムフレーム分析とは?「環境認識には必須です。」
マルチタイムフレーム分析ってなに。
マルチタイムフレーム分析を使った環境認識の方法を知りたい。
マルチタイムフレーム分析を使えば稼げる? こういった疑問をお持ちではないでしょうか。 この記事では、マルチタイムフレームを使った環境認識や具体的な取引方法を解説しています。 マルチタイムフレームをマスターしたい人必見です。

 

*テクニカル指標を複数使用したとしても、画面が見づらくならないのもPCでの取引をするメリットです。

*テクニカル指標とはテクニカル分析をする時に使う指標のことで、分析をサポートするためのツールです。

 

ネットの知識ゼロだとPCは難しいと思うし普段から使い慣れているスマホを使ったほうがいい、という人もいると思います。

ですがやはりPCをおすすめします。

PCもスマホも画面は大きいか小さいかだけで、取引にするための操作はどちらにしても必要です。

「見やすい、操作しやすい」に越したことはないので、FXを始めるのはPCがおすすめです。

 

fxを始めた時に実践すべきポイント5選

fxを始めた時に実践すべきポイント5選

 

1. 少ない資金で始める
2. 根拠を持ってトレードする
3. トレードを振り返る【トレード日記をつける】
4. 月の損失額を限定する
5. マイルールを決める【絶対破らない】

少ない資金で始める

 

fxは絶対に少額からはじめてください。

はじめた頃は早く稼ぎたいという気持ちが先行してしまい、大きな額で取引してしまいがちです。

しかし、大きな金額で取引するということは、それだけリスクも大きくなります。

まずは徐々に慣れていくことが大切。

取引額を上げるのは稼げるようになってからです。

 

根拠を持ってトレードする

 

根拠のないトレードをしてはいけない。

「そんなの当たり前じゃん。」と思うかもしれません。

ですが、初心者のうちはなんとなく上がりそうだから、、、といった根拠のないエントリーをしがちです。

 

僕もそうだったよ。

 

適当にトレードをしてはいけないと分かっているのに、気づいたら根拠なしのエントリーで、いつの間にかポジションを持っている。

頭では分かっているのですが、行動に移せていなかったのです。

このようなトレードを繰り返していれば、いつか大きな損失を出してしまいfxから退場してしまいます。

皆さんには僕と同じ失敗をしてほしくないので、必ず「根拠のあるトレード」を心がけてくださいね。

 

トレードを振り返る

 

自分のトレードを振り返ることはとても大切。

たとえ勝っても負けてもトレードは振り返りましょう。

 

トレードを振り返る上で大事なポイント

1.トレードでなぜ勝てたのか、なぜ負けたのかを明確にする。
2.それを他人にどういう根拠でトレードをして、なぜこの結果になったのかを説明できるくらいまで腑に落とす。

 

「なんとなくトレードをしていて訳も分からず負けました。」

このようなトレードを続けていては一生fxで稼げるようにはなりません。

トレード日記をつけることは少々面倒ですが、毎回トレードを記録する習慣を作りましょう。

 

月の損失額を限定する

 

fxから退場してしまう人は、損失額が大きくてfxに回すお金がなくなってしまった人。

投資は絶対に余剰資金でするべきです。

負けたからといって損失を取り返そうと口座にお金を入れていけば、みるみるうちにお金は減っていきます。ましてや生活資金にまで手を出すことは絶対にしてはいけません。

生活を豊かにするためにfxをやっているのに、fxが原因で苦しい生活をしていては本末転倒です。

– だからこそ月の損失額を固定して、その額を超えたら翌月になるまでトレードをしない。 これはfxから退場しないために必要なことです。

 

リスクリワードを意識する

 

リスクリワードとは、一回のトレードにおけるリスク(損失)とリワード(利益)の割合のことです。

fxではこの「リスクリワード」の考え方なしに稼ぐことはできません。

なぜならいくら勝率が高くてもこのリスクリワードを意識していないと、fxで勝ち続けることは出来ないからです。

リスクリワードを使って資金管理を行うことで損失を抑えてしっかりと利益を残すことが出来ます。

 

リスクリワードに関しては、あなたがfxで勝てない原因はリスクリワードにあり。「勝つために必要な勝率とリスクリワードの計算方法を解説」で解説しています。

 

あなたがfxで勝てない原因はリスクリワードにあり。「勝つために必要な勝率とリスクリワードの計算方法を解説」
...

 

マイルールを決める。【絶対に破らない】

 

fxをする際には絶対に破らないマイルールを決めましょう。

マイルールの例

  • 損切り位置をずらさない。
  • 適当にエントリーをしない。(根拠を持ってトレードをする。)
  • 一回負けたら○時間以上トレードをしない。
  • *ナンピン禁止
*ナンピンとは、保有しているポジションに対して逆方向に相場が動いた時にポジションを追加して平均取得単価を下げることです。

 

マイルールはfxで稼ぐために必ずと言ってもいいほど必要です。

fxは感情に左右されてはいけません。

いかなる時でもブレずに取引すること、言い換えれば機械的にトレードをすることが大事です。

自分の大切な資金を守るためにもマイルールは決めておきましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました