【FX】あなたに合ったトレードスタイルを見つけよう。3つのトレードスタイルを難易度別に徹底解説。

【FX】あなたに合ったトレードスタイルを見つけよう。3つのトレードスタイルを難易度別に徹底解説。FX 実践編

 

・fxには色々なトレードスタイルがあると聞くけど、初心者におすすめのトレードスタイルってなに?
・それぞれのトレードスタイルの特徴や難易度を知りたい。
・自分に合ったトレードスタイルを見つけたい。

 

こういった疑問に答えます。

 

トレードスタイルがまだ確立していない人にとって、「どのトレードスタイルにするべきか。」は一度は悩みますよね。

本記事ではトレードスタイルごとの難易度や特徴、初心者におすすめのトレードスタイルを解説しています。

自分に合ったトレードスタイルを選択し、fxのトレードを有利に進めましょう。

 

  本記事の内容

4つのトレードスタイルを難易度別に解説。
・初心者におすすめのトレードスタイル。
・自分にあったトレードスタイルの見つけ方。

3つのトレードスタイルを難易度別に解説。「特徴及びメリット・デメリットを理解しよう」

3つのトレードスタイルを難易度別に解説。「特徴及びメリット・デメリットを理解しよう」

トレードスタイルの特徴と難易度

 

3つのトレードスタイル |  下の表は「スマホ」だとスクロールできます
トレードスタイルスキャルピングデイトレードスイングトレード
難易度△:難しい◯:普通◎:易しい
ポジション保有時間◎:短い◯:普通△:長い
狙える利益幅△:小さい◯:普通◎:大きい
資金効率◎:良い◯:普通◯:普通

 

 

  スキャルピング:難易度は難しい

数秒〜数分の間で売買を繰り返す。

一日の中で何度もトレードをするので、4つの中で最も取引回数が多くなる。

上級者だと資金効率よく運用できるので、短期間に資金を増やせる。

 

  デイトレード:難易度は普通

数十分から数時間の間でトレードをして1日以内に決済をする。

一日の取引回数は数回程度。

取引回数が適度にあり、ある程度値幅も取れるため資金効率は良い。

 

  スイングトレード:難易度は易しい

数日から数週間の間でトレード。

トレードをしない日も出てくるので、4つの中で最も取引回数が少なくなる。

一回のトレードの値幅がとても大きいため、勝率が高ければ資金効率は良い。

トレードスタイル別のメリット・デメリット

 

メリット

・スキャルピング

トレード技術が高ければ、短期間で資金を大きく増やすことが出来る。

 

・デイトレード

値幅もある程度狙え、1日の間にトレードチャンスが適度にあるため資金効率がいい。

また、日をまたぐことがないためリスクを限定できる。

 

・スイングトレード

テクニカル分析が効きやすく分析時間もしっかりと確保できるので落ち着いてトレードできる。

fxの取引時間の確保が難しい方でも取り組みやすい。

 

  デメリット

・スキャルピング

ポジションの保有時間の短さ故に、素早い判断力と決断力が求められる。

また、値幅が取れないので高い勝率を保たなければならない。

結論難しい。

 

・デイトレード

狙える値幅も大きいが失う値幅も大きくなるため、リスクリワードのいいところを見つけてトレードする必要がある。

 

・スイングトレード

取引回数が他のトレードスタイルに比べて極端に少ないので、勝率の高さが求められる。

初心者におすすめのトレードスタイル「おすすめのトレードスタイルは、デイとスイングの中間です」

初心者におすすめのトレードスタイル「おすすめのトレードスタイルは、デイとスイングの中間です」

スキャルピングは難易度が高いのでおすすめしない。

 

初心者にスキャルピングはおすすめしません。

なぜなら短期で見るほどテクニカル分析は効きにくく、マルチタイムフレーム分析を使った環境認識が複雑になるからです。

下位足になればなるほど分析(監視)しなければならない上位足が多くなります。

 

環境認識が複雑になると、それだけ精度の高いエントリー技術や利確タイミングが求められるので、初心者によくある

・エントリー直後に逆行
・利確は出来たけど、利益が不十分
・目標の利確ラインが広すぎて、利確できず損切り

などの現象が起きてしまうわけです。

 

  スキャルピングへの憧れは今すぐ捨てましょう

スキャルピングで稼いでいるトレーダーを見てると、短時間に取引回数を積み重ね、資金を増やしているので初心者の頃は「自分もあんなふうに上手くトレードをしたいな」と憧れを持ちますが、本当に稼ぎたいなら今すぐその憧れは捨ててください。

スキャルピングで稼ぎ続けられる人はごく一部の天才だけです。

 

「自分は天才だ。」と思う人以外は、今すぐスキャルピングをやめてデイトレードやスイングトレードに切り替えましょう。

 

スキャルピングは既にfxで稼げるようになった人が資金効率(効率的にお金を増やすこと)を上げるためにするものです。

プロでも難しいものを、初心者の方がやって稼げないのは当たり前。

 

デイトレードやスイングトレードで稼げている人がスキャルピングに切り替えたら稼げない、ということは普通にあります。

逆に今スキャルピングで稼げていない人がデイトレードやスイングトレードにトレードスタイルを変えるだけで稼げる可能性は十分にありえることでです。

まだ稼げていない人はこれを機にトレードスタイルを見直してみるのもいいでしょう。

 

初心者におすすめのトレードスタイルは「デイとスイングの中間」です

 

そもそも上位足でトレードをすることで、分析しなければいけない監視足が減るので難易度は下がります。

またスキャルピングと違って、素早い判断力や決断力が求められるわけでもないので自分のペースでトレードをすることができます。

テクニカル分析を使った分析も効きやすく、ある程度値幅も狙えるのでエントリーや利確の位置もスキャルピングほど精度が高くなくても問題ありません。

 

  忙しくても問題ない

トレードスタイルを長期化することによって、チャートをチェックする時間が極端に減るためストレスも少なく自分の自由に使える時間が多くなります。

特に副業でfxをやっている方は多いと思いますが、本業があってfxの時間も確保しなければならないとなると全然時間が足らないですよね。

 


ぼくもfxを副業でやっているのですごく気持ち分かります。

 

スキャルピングはポジションの保有時間が他のトレードスタイルと比べても1番短いので、一見するとチャートに向き合う時間が最も短そうですが、実は逆で最もチャートを見てる時間は多くなります。

なぜならスキャルピングはプライスアクションを重要視したトレードのため、ポジションを保有してから決済までは常にチャートを見てエントリー、決済を繰り返さなければなりません。

 

それに比べて、デイとスイングの中間のトレードスタイルはエントリーしたら基本放置です。

なぜならエントリーするまでにしっかりと分析をしている(エントリー位置、利確位置、損切り位置を決めている)から。

 

fxはエントリー後の立ち回りで、その後の勝敗が決まると思われがちですがそのようなことは全くなくて、実際はエントリーした時点で勝負は決まっています。

 

現在のチャートから今後どのような形になるか、トレードシナリオを構築しその動きをしたら決めたられた値幅でエントリーするだけです。

自分のトレードシナリオ通りにならなかったらエントリーは出来ませんし、シナリオから外れたらその時点で損切り、もしくは利確をします。

 

逆張りをすると負けます

 

逆張りをすると負けます。

なぜならリスクリワードが悪くなりがちだからです。

fxの基本原則は、短期足 < 長期足。

上位足に逆張りをするということは、それだけリスクが高く値幅が取りづらいです。

fxで勝ち続けたいのであれば、上位足に順張りすることが大事。

 

順張りに関しては、【初心者必見】順張りのやり方・手法を徹底解説。「負けたくないなら順張りでエントリーしよう」で解説しています。

 

【初心者必見】順張りのやり方・手法を徹底解説。「負けたくないなら順張りでエントリーしよう」
エントリー直後に逆行してしまう。 握力が弱く利益を思ったように伸ばせない。 こういった疑問をお持ちではないでしょうか。 この記事では利益を十分に伸ばせる順張りのやり方、大きな波をとらえる方法を解説しています。 fxで長期的に稼ぐためにも順張りをマスターして、しっかりと利益を残せるトレードをしていきましょう。

 

初心者の方(fxでまだ稼げていない人)はこれが出来ていないことが多いです、

上位足に順張りするためにはマルチタイムフレーム分析が必要です。

マルチタイムフレーム分析とは複数の時間軸を分析すること。

 

  マルチタイムフレーム分析で分かること



・各時間軸でのトレンドの方向
・各時間軸でのトレンドの強弱
・各時間軸での目線の転換点

これらを把握することで期待値が高く優位性のあるトレードをすることが出来ます。

 

マルチタイムフレーム分析に関しては、【FX】マルチタイムフレーム分析とは?「環境認識には必須です。」 で解説しています。

 

【FX】マルチタイムフレーム分析とは?「環境認識には必須です。」
マルチタイムフレーム分析ってなに。
マルチタイムフレーム分析を使った環境認識の方法を知りたい。
マルチタイムフレーム分析を使えば稼げる? こういった疑問をお持ちではないでしょうか。 この記事では、マルチタイムフレームを使った環境認識や具体的な取引方法を解説しています。 マルチタイムフレームをマスターしたい人必見です。

 

自分にあったトレードスタイルの見つけ方「トレードスタイルを確立してfxで稼げるようになろう」

自分にあったトレードスタイルの見つけ方「トレードスタイルを確立してfxで稼げるようになろう」

過去検証をやらない理由がない【最短でfxで稼ぐための唯一の方法】

 

fxでまだ稼げていないなら過去検証は絶対にやるべきです。

 

ぼくは過去検証を始めてからfxで勝てるようになりました。

 

通常fxで稼げるようになるまでの期間は数年必要と言われています。

10年以上fxをやっているけどまだ稼げていないという人もたくさんいるでしょう。

 

結論、過去検証をしてください。

 

過去検証をすれば過去数ヶ月から数年分のデータがたった数日や数週間で集めることが出来ます。

実際にトレードをして5年分のデータを集めようと思った場合、これから5年間トレードをしなければなりません。

 



そんな時間ないですよね?

 

fxの過去検証は手間がかかることですが、稼ぐためには確実に必要です。

過去検証をして自分のトレードに自信を持つことで、負けが続いた時にも感情に支配されないトレードが出来るようになります。

fxでまだ稼げていない人、これからfxを始めて最短で稼ぎたいと思っている人は絶対に過去検証をやりましょう。

 

おすすめ過去検証ソフト【無料】

 

おすすめの無料過去検証ソフトは以下のとおりです。

 

  PC版

・think trader :英語表記なので分かりにくいですが、操作を覚えてしまえば問題ないでしょう。

  スマホ版

 

おすすめ過去検証ソフト【有料】

おすすめの有料過去検証ソフトは以下のとおりです。

【PC版】
・Forex tester「1万から13万円」:高すぎ。でも、機能はその分充実してます。「過去検証ソフトと言ったらこれ。」みたいな風潮あります。

・MT4裁量トレード練習君プレミアム「24800円」:高いけど、優秀。こちらも利用者が多い印象です。

【スマホ版】
・FX検証「160円」:ぼくはこれを使ってました。普通に過去検証するだけなら160円で十分です。

*FX検証に関しては、対応デバイスが iphone ipad のみです。

 

過去検証のやり方は人それぞれですが、ぼくは上記のようなソフトを使ってやりました。

実際に目の前で動いているチャートに対して、繰り返し短時間で検証をできるためとても効率的です。

fxの過去検証は手間がかかることですがそれで稼げるようになるなら、過去検証をしない理由がないですよね。

みなさんが最短で稼ぎたいと思っているのであれば、過去検証はしっかりと行いましょう。

タイトルとURLをコピーしました